業務用無線機の免許申請とは?|東京・埼玉・神奈川・千葉なら業務用無線機器販売の東京業務無線

受付時間 9:00~18:00 (土・日・祝日除く)
03-6761-8035

お役立ちコラム

コラム

業務用無線機の免許申請とは?

業務用無線機の免許申請とは?

業務用無線機を利用する場合には免許申請が必要になり、免許申請は無線を利用する地域の総合通信局への申請を行います。

弊社では無線免許の申請代行を行っておりますのでどうぞお申しつけください。

*(一般的な特定小電力無線やIP無線機の免許申請は必要ありません。)

 

免許申請は初めて利用する場合の新設・無線機を増やす場合の増設・住所や無線機を変える

場合の変更・無線機の利用をやめる場合の廃止・免許更新の再免許等があります。

免許の有効期間は5年間になります。

 

資格等

 簡易無線免許局や簡易無線登録局を利用する場合には免許・登録申請が必要となりますが

個人資格は必要ありません。

一般業務用無線局を利用する場合にはその種類において相当する個人資格が必要になります。

 

委任状

簡易無線免局や簡易無線登録局の申請代行依頼を頂く場合には弊社宛の委任状に記載捺印を頂きます。

法人の場合には代表者(代表取締役様・理事長様等の代表権のある方)の代表者印を捺印頂きます。

団体(マンションの管理組合・町内会等の登記をされていない組織)の場合には代表者の

個人印を頂きます。又、組織の規約及び役員名簿のコピーもご提出頂きます。

 

免許申請の流れ

 簡易無線局等の無線局免許申請を行う場合には下記図のような流れになります。

概ね、申請後4週間で免許状が交付されます。

 

電波利用料

 無線局免許状が交付されますと総合通信局から電波利用料の納付通知があります。

簡易無線は年額1台400円になります。

電波利用料は電波の適正利用を確保するために利用されます。

まとめ

簡易無線免許局や簡易無線登録局の電波は共用で利用されています。

無線の運用でもルールを守り他人に迷惑を与えないように利用しましょう。

関連記事

  • デジタル簡易無線とアナログ簡易無線とはデジタル簡易無線とアナログ簡易無線とは デジタル簡易無線とアナログ簡易無線とは アナログとデジタル無線を比較してみました。 アナログ簡易無線の使用期限が近付いてきましたが切り替えが終わっていない方はお早目の更新をお願い致します。   デジタルとアナログ無線の比較 高音質 アナログ無線 […]
  • BCP対策での情報伝達とMCA無線BCP対策での情報伝達とMCA無線 BCP対策での情報伝達とMCA無線   災害時の情報伝達は正確で迅速なものでなければなりません。 地震や台風等で通信網が遮断され通信ができなくなりケースは過去にも多くありました。 現在の情報通信機器は通信インフラに大きく依存しており、企業における通 […]
  • 携帯電話と異なるトランシーバーの操作携帯電話と異なるトランシーバーの操作 トランシーバーの操作 トランシーバーの操作に関する事項をまとめてみました。 電話とトランシーバーは違う。 トランシーバーは音声を伝える機器なので多くの職種で利用されていますが 電話とトランシーバーは異なる機器であることを理解しましょう。 トランシーバー […]
  • トランシーバーとは?どんな仕組み?トランシーバーとは?どんな仕組み? トランシーバーについて何となく知っていても、具体的にどのようなものであるかは知らない方が多いですよね。 離れた相手と通話をするものとは分かっていても、それなら携帯電話でも十分だと考えてしまいます。 しかし、これだけ携帯電話が普及しても、トランシーバーの利用者は存在し […]
  • 無線機・インカム・トランシーバーとは無線機の種類や使い方 用途ごとの選び方を紹介します。無線機・インカム・トランシーバーとは無線機の種類や使い方 用途ごとの選び方を紹介します。 無線機・インカム・トランシーバーとは無線機の種類や使い方 用途ごとの選び方を紹介します。   一般的に無線機と呼ばれているものには様々な呼称が存在します。 『無線機』・『トランシーバー』・『インカム』等ですが利用する業種や通信方式によって 呼称が […]
  • 工場・倉庫での無線機(トランシーバー)利用工場・倉庫での無線機(トランシーバー)利用 工場・倉庫での無線機(トランシーバー)利用 工場や物流・倉庫では多くの無線機が利用されています。 通信距離や利用方法によって無線機の種類は異なりますがその一部をご紹介いたします。     出荷・搬入管理 倉庫での入庫・出庫業務 […]
このページのトップに戻る