トランシーバー(無線機)の通信エリアを拡張する。|東京・埼玉・神奈川・千葉・茨城・群馬なら業務用無線機器販売の東京業務無線

受付時間 9:30~18:00 (土・日・祝日除く)
03-6761-8035

お役立ちコラム

コラム

トランシーバー(無線機)の通信エリアを拡張する。

トランシーバー無線機)の通信エリアを拡張する方法とは

無線機の通信エリアを拡張するには無線機の種類によって異なります。

その方法を紹介していきます。

 

特定小電力無線

 

特定小電力無線で通信エリアを拡張する場合には『中継局』を利用するのが便利です。

中継局には『屋内』タイプと『屋外』タイプがあり無線の運用形態でどちらかを選択します。

一般的には高い位置に中継局を置くと通信エリア低い位置よりも広くなります。

同じアンテナ長の無線機であれば通信距離2倍、面で4倍が目安です。

特定小電力の中継局を設置する上で注意する点は中継設定した無線機は必ず中継局にアクセスをします。隣にいる無線機と通話する場合でも中継局を介しての通話になります。

裏を返せば中継局の電波が取れない場所では隣に通信対象者がいても通信はできないということです。設置にはエリア確認を十分にしてから設置をしましょう。

 

特定小電力無線 連結型中継器

 

屋内型ではありますが連結型中継装置も発売されております。

中継器間は有線接続ではなく無線で接続されます。最大4台の連結が可能で面ではなく

通信距離を広げる場合に有効になります。

 

特定小電力無線は最大出力が10mWと電力が弱いためオープンエリアや店舗内通信に向いております。中継装置から発射される電力も10mWなので設置は空間が閉鎖されていない場所に設置をしましょう。

 

簡易無線機

 

簡易無線機のエリアの広げるためには固定基地局を設置することが一般的です。

 

この場合は子機同士の通信距離を広げるのではなく固定基地局のアンテナを高い位置に設置し固定基地局と子機間の通信エリアを広げると考え方です。

固定基地局の出力も子機同様に最大5Wですがアンテナ地上高を上げることにより通信エリアが広がります。注意点は固定局とアンテナを結ぶ線が細い場合や距離が長いと電力は減衰してしまうので設置前のテストは必須になります。

 

簡易無線+リモコン

 

簡易無線で面のエリア拡張や地下等の閉鎖空間との通信に向いている装置です。

簡易無線(設置型・基地局)を利用する場合には外部アンテナと無線機本体を

同軸ケーブルで接続する必要がありますがケーブル長が大きくなった場合には

ケーブルにより電力損失が発生し無線機本来の性能が発揮できなくなります。

低損失のケーブルを利用して電力の損失を抑えることも必要ですが、無線機本体

とアンテナ間のケーブル長を抑えることが必要となります。

リモコン装置はマイクを延長して無線機と接続するイメージで同軸ケーブルを

マイクラインに置き換えて延長することで電力損失を抑えます。

延長できる距離は概ね100m~700m位になりますがマイクと無線機本体の間は

有線で接続する必要があります。

 

VOIPのゲートウエイ

 

無線ユニットを内蔵した機器をイントラネット回線に接続するとレピーターを連結

したような広範囲での通話を可能にするシステムです。

対象の無線機は特定小電力無線及び簡易無線登録局です。

 

アンテナを変える

 

一般的に、無線機のアンテナの長さと通信距離は比例します。

業務を行う上でアンテナが邪魔になる場合にショートアンテナを利用しますが通信距離は短くなります。逆に長いアンテナを利用すると通信距離は長くなりますがアンテナが邪魔になります。*特定小電力無線のアンテナ交換はできません。

アンテナを交換する場合には機種ごとに規定されるアンテナが異なるので注意をしてください。

 

IP無線に変更する。

IP無線は携帯電話のIPネットワークを利用した無線機で日本全国の携帯電話の通信エリア内であれば免許不要でご利用頂けます。一般的な無線機と同じ一斉通信やグループ通信が行える便利な無線機です。

 

 

まとめ

 

無線機の出力やアンテナは法律で規定されており通信エリアを無線機単独で広げるには

付加装置等が必要となります。

予め、通信エリアが確定している場合には適合する無線機を購入するようにしましょう。

弊社では通信エリアテストも行っていますのでお気軽にお声がけください。

 

 

東京業務無線では東京・埼玉・神奈川・千葉・茨城を中心に業務用無線機の販売を行っています。

無料見積もり・ご相談承りますので、お気軽にお問い合わせください。

 

▼業務用無線機器はこちら

 

 

 

関連記事

  • 工場・倉庫での無線機(トランシーバー)利用工場・倉庫での無線機(トランシーバー)利用 工場・倉庫での無線機(トランシーバー)利用 工場や物流・倉庫では多くの無線機が利用されています。 通信距離や利用方法によって無線機の種類は異なりますがその一部をご紹介いたします。     出荷・搬入管理 倉庫での入庫・出庫業務 […]
  • BCP対策での情報伝達とMCA無線BCP対策での情報伝達とMCA無線 BCP対策での情報伝達とMCA無線   災害時の情報伝達は正確で迅速なものでなければなりません。 地震や台風等で通信網が遮断され通信ができなくなりケースは過去にも多くありました。 現在の情報通信機器は通信インフラに大きく依存しており、企業における通 […]
  • トランシーバーの機能トランシーバーの機能   トランシーバーの機能と特徴 最近のトランシーバーにはいくつかの機能が追加されています。全てのトランシーバーに その機能がついているわけではありませんが、その一部をご紹介いたします。   防塵と防水レベル 防塵と防水レベルはIP […]
  • トランシーバーの使用に免許は必要?トランシーバーの使用に免許は必要? トランシーバーには、免許や登録が不要な機種と必要な機種があります。 近距離用である特定小電力無線機や、携帯電話の通信網を利用するIP無線は免許や登録が不要です。しかし、簡易無線機では免許や登録が必要になってきます。 今回は、免許の必要性から見たトランシーバーの種類や、免 […]
  • 無線機(トランシーバー)のアクセサリー無線機(トランシーバー)のアクセサリー 無線機(トランシーバー)のアクセサリー 無線機のアクセサリーをご紹介してみます。 外部マイク 当然のことですが、無線機本体には受信した音を出すスピーカーと送信時に音声を拾うマイクが付属いていますが、外部マイクにも送信ボタン・マイク・スピーカー(イヤホン)が付いてい […]
  • アナログ簡易無線の周波数使用期限の延長とデジタル簡易無線についてアナログ簡易無線の周波数使用期限の延長とデジタル簡易無線について アナログ簡易無線の周波数使用期限の延長とデジタル簡易無線について   総務省は周波数再編アクションプランにおいて簡易無線のデジタル化(令和4年11月30日迄の使用期限)を推進していましたが、新型コロナ感染症による社会経済への影響等により、デジタル方式の簡易無線 […]
このページのトップに戻る