IP無線機とは?|東京・埼玉・神奈川・千葉なら業務用無線機器販売の東京業務無線

受付時間 9:00~18:00 (土・日・祝日除く)
03-6761-8035

お役立ちコラム

コラム

IP無線機とは?

最近よく耳にするIP無線機。『IP無線機はどんな無線機なのか?』

『どんな仕組みなのか?』『何ができるのか?』他の無線機と比較しながらIP無線機の特徴を解説していきます。

 

 

他の無線機と何が違うの?

 

一般的な無線通信は無線機から発射された電波のやりとりで行います。

つまり、無線機の通信距離は無線機の能力によって異なってきます。

一方、IP無線機は携帯電話のネットワークを利用することによって北海道から東京、大阪、沖縄等、日本全国の携帯電話エリア内で利用することができます。

 

IP無線機の仕組とは?

 

IP無線機は携帯電話網のパケット通信機能を利用し音声をVOIP化して通信を行う 無線機です。要約すると携帯電話のインターネット回線を利用し音声を符号化し圧縮して通信を行う仕組みになります。

 

IP無線の通信モードは?

 

IP無線の通信はモードを選択して使用することができます。

・全グループ一斉通信 通信中の無線機があってもその通信を強制的に切断し送信者がすべての無線機に対して一斉送信できるモード

・全グループ通信 グループ分けされた全てのグループに対して送信できるモード

・グループ通信 グループ分けされたグループ内で通話するモード

・個別通信 電話と同じで選択した無線機との1:1の通信モード

 

位置情報が取得できますか?

 

GPSを利用して車や人の動きも簡単に把握ができます。位置情報はインターネット経由で

提供されるクラウドサービスやセキュアな閉域ネットワークを利用した自社運用型等を利用したものがあります。インターネット経由のシステムであればタブレットやスマートフォンでも位置や運行状況が確認できます。

 

 

位置情報による動態把握は物流業で多く利用されていまがその他の事例を挙げてみます。

幼稚園・ホテル・病院・デイサービス・自動車学校・生コンや清掃事業者・観光バス・警備会社・ロードサービス等多くの業種で活躍しています。

 

災害時の通信機として使えるの?

 

東日本大震災時には多くの携帯電話が使用できなくなりました。

要因として大きいのは携帯電話会社が通信抑制を行ったことによります。

 

 

この抑制は輻輳(通信が集中すること)によりシステム全体がダウンすることを

未然に防ぐための処置で最大95%の通信抑制(音声)を行いました。

又、他の要因として電源損失もあり電気がこないために基地局が停波しました。

震災後、携帯各社は基地局に非常用電源やバッテリーを装備し基地局の24時間化無停電化を進めております。

IP無線はもともと抑制のあった音声回線ではなく、抑制率が低かったデーター回線を利用しているので災害時の通信機として利用できる確率は高くなります。

 

まとめ

IP無線機は通信の安定性が評価され空港や駅等で多く利用されています。

免許申請や外部アンテナも不要なので短時間で高品質なネットワークをご利用できます。

是非、参考にしてみてください。

このページのトップに戻る