デジタル簡易無線とアナログ簡易無線とは|東京・埼玉・神奈川・千葉なら業務用無線機器販売の東京業務無線

受付時間 9:00~18:00 (土・日・祝日除く)
03-6761-8035

お役立ちコラム

コラム

デジタル簡易無線とアナログ簡易無線とは

デジタル簡易無線とアナログ簡易無線とは

アナログとデジタル無線を比較してみました。

アナログ簡易無線の使用期限が近付いてきましたが切り替えが終わっていない方はお早目の更新をお願い致します。

 

デジタルとアナログ無線の比較

高音質

アナログ無線にあった煩わしいノイズですがデジタル無線では抑制されています。

ノイズは波形の崩れにより再生されるものが多いのですがデジタル無線は音声を数値化して通信を行うためノイズとされる部分はカットされています。

最近の無線機には音声ノイズキャンセリングやイコライザー機能が標準で備わっているのでこれらを併せることでよりクリアな音声通信が可能になります。

 

高度な秘話機能

デジタル簡易無線免許局は秘話コード32,767通りメーカーによっては491,505通りの秘話コードを設定することが可能で他人に通話を聞かれることが著しく低下します。

アナログ簡易無線にはなかった機能です。

デジタル簡易無線の優位性

 

デジタル簡易無線の通話品質と信号強度の図です。信号強度の下降率はリチウムイオン電池の放電特性に似ています。アナログ無線の通話品質は徐々に下降しますがデジタル無線は一高い通話品質を保った後に急激に下降します。

デジタル無線とアナログ無線の下降の差がデジタル無線の優位な部分になります。

海上での利用

 

デジタル簡易無線(UHF)の利用できる場所は『全国の陸上及び日本周辺海域』で日本の排他的経済水域内の『地上~船舶間』『船舶~船舶間』『船舶内』において使用が可能です。

海上で利用する場合にはその旨を無線免許申請書に記載します。アナログ無線は船舶内の利用に限られています。

デジタル簡易無線の3B・3R・3Sとは

 

デジタル簡易無線には3B・3R・3Sの種別がありますが大まかな違いを記載してみます。

 

区分

3B 免許局

3R 登録局

3S 登録局

特徴

無線局免許が必要

登録手続きで利用可能

登録手続きで利用可能

CH

65ch(UHF)28ch(VHF)

30ch

5ch

電力

最大5W

最大5W

最大1W

場所

陸上・海上

陸上・海上

陸上・海上・上空

キャリアセンス

なし

あり

あり

レンタル

不可

可能

可能

 

デジタル簡易無線免許局と登録局の大きな違いはチャンネル数とキャリアセンスです。

キャリアセンスとは他の無線が通信を行っている場合は送信ボタンを押しても電波が発射されない機能のことです。

自分が通信するグループ以外の無線が同じチャンネルを利用して通信を行っていて、その電波を受信していた場合には送信ボタンを押しても電波は発射されません。

特に都市部や利用場所が高い場所(ビルやマンション等)では遠くからの電波を拾いやすいので注意が必要となります。

まとめ

アナログ簡易無線は2022年11月30日が使用期限です。デジタル簡易無線に更新するにはその期日までに免許・登録が済んでいないとご利用はできません。

期限最後の年は申請が集中し免許・登録まで通常より長い日数を要すると予測されます。

一部、デジタル・アナログ両用の無線機をご利用の方は無線機からアナログ電波が発射されないようアナログ周波数の削除及び周波数変更申請が必要となります。

このページのトップに戻る